<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正9

:明治節の式典に出席した少女の日記。#戦前の日記 #1920年11月3日

1920年(大正9年)11月3日 高等女学校1年に在学。している15才の女性。愛知県在住。11月16日1月30日2月20日4月16日5月13日8月10日と同じ人物。
diary2016-11-3


ーーーー 三番にて学校へ行けり。松本先生の旅行せし事につきてお話しありき。午前十時より小学にて明治節の式を行う。十二時三十八分の列車にて帰れり。それより裁縫をせり。夜はほどき物をする。 ーーーーー


この日、彼女が式に出席したという明治節。その由来は11月3日が明治天皇の誕生日であったためだ。 まだ大正9年の段階では、この日は、国民の休日になっていないが、昭和2年から正式に休日として制定され、以後、昭和22年までは四大節(新年節、紀元節、天長節、明治節)のひとつとして盛大に式典などが行われていた。 


【大正9年の主な出来事】 1月 国際連盟成立、ヴェルサイユ条約発効 1月 アメリカにて禁酒法発効 2月 第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が行われる 3月 日本で株価が大暴落。恐慌が起こる 10月 日本最初の国勢調査実施

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー