<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正8

: 11歳の少年の日記。1919年1月12日

岐阜県在住。学校指定の日誌に書かれている。2016.1.12


ーーーー 朝よりしとゝ雨がふりそそいでいる。寒中に雨のふるなど近頃稀である。 午前十時頃絵を書いた。 午後には勉強し晩は武徳殿に寒稽古に行った。 終り ーーーー


 文中に出て来る武徳殿とは、戦前の日本で、武道の振興、教育、顕彰を目的として設立された財団法人である大日本武徳会の支部道場の名称。日記の主であり少年はここで剣道を学んでいたようだ。


【大正8年 主な出来事】 1月 白ロシア・ソビエト社会主義共和国樹立  3月 中央線の万世橋~東京駅間が開通  4月 ガンジー、非暴力抵抗運動を開始  6月 第一次世界大戦の戦後処理として1月より開かれていたパリ講和会議開催にてヴェルサイユ条約締結。  8月 デパートの高島屋、松屋、白木屋が開業  10月 米議会が「禁酒法」を可決

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー