<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正8

:10代後半の学生の日記。1919年1月6日

家業を手伝いながら学校に通っている彼は文学を志しているようだ。2015年11月1日に掲載した日記と同一人物。2016.1.6


ーーーー 晴。ヨキ風ナリ。午前中甚ダ冷シ。 今日二スリ製ス。一枚十七銭賣。終リ遅キタメ平太郎サンニキスヲ見ニ行ッテ貰ウ。 一ポンシメ(?)八百五十トイウ高価ナリシ為メ一本モ不買。夕方仕事終ス。 新聞紙=松井須磨子(三四)島村抱月氏ノ後ヲ追イ自殺ストアッタ。伊原青々園、坪内逍遙、実兄三上善○(?)二宛テタ手紙ヲヲヒノ人ニ持タセテ自分一人自殺ス。 夜中ノ湯ニ入ル。 ーーーー


日記の中で触れられている、松井須磨子とは、明治末から大正にかけて活躍した女優だ。劇中で歌った曲が大ヒットし、日本初の「歌う女優」、そしてさらに鼻筋に蝋を注入する手術も受けていた事から「日本初の整形女優」としても知られている。 そんな須磨子は自分が出演していた演劇の作や演出を手がけていた島村抱月と不倫の恋におちた。その一件は大きなスキャンダルとなったが二人はそのまま愛を貫いた。しかし、大正7年11月に抱月はスペイン風邪で急死。須磨子はその二カ月後、抱月の後を追い劇場で首をつり自殺を遂げた。それは当時の新聞などでも大きく取りあげられる事件となった。


【大正8年 主な出来事】 1月 白ロシア・ソビエト社会主義共和国樹立  3月 中央線の万世橋~東京駅間が開通  4月 ガンジー、非暴力抵抗運動を開始  6月 第一次世界大戦の戦後処理として1月より開かれていたパリ講和会議開催にてヴェルサイユ条約締結  8月 デパートの高島屋、松屋、白木屋が開業  10月 米議会が「禁酒法」を可決

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー