<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年: 10代後半もしくは20代前半の男性。陸軍に所属する兵隊。1926年2月2日

diary2016.2.2


ーーーー 夕方馬の手入れ最中に何に驚きしか馬が荒れ危く馬に蹴られるところであった。危いところを逃れし僕は日頃信仰する阿弥陀様の御加護によるものであると嬉し涙にくれた。家を出て来る際母上が「如何なるところにても阿弥陀様を信仰して居ると若し危害がこられようとも十中の七八は必ず護って下さるから必ずともに信仰を忘れてはならぬ」……と云われし言葉を思い出し母上の慈悲の心がありがたくなり界には出さぬが心の中で嬉し泣きに泣いた。本日ハ何となく心強く思われる。 ーーーー


なんと信心深いことだろうか。当時の若者はまだまだこんな青年が多かったのだろうか?


【大正15年の主な出来事】 1月 京都学連事件で初めて治安維持法が適用される  3月 蒋介石が反共クーデターを起こす  5月 十勝岳が大噴火  6月 日本統治下の朝鮮にて6・10万歳運動が起こる  7月 中国にて蒋介石が国民革命軍を率い北伐を開始  9月 ドイツが国際連盟に加入。常任理事国  12月 葉山御用邸で病気療養中だった大正天皇が25日に崩御。昭和と改元され、この日から年末まで昭和元年となる。

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー