<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年: 看護師の女性の苦悩。 #戦前の日記 #1925年11月19日

1925年(大正14年)11月19日 20代前半の女性の日記。病院に看護師として勤務している。12月30日1月18日3月23日3月31日4月19日5月16日10月4日10月8日11月10日の日記と同じ人物。
diary2016-11-19


ーーーー 又、床にのって日記をかく。ほんとうに情けない女だとも思うが……。又、中気にも成る。コチコチ……コチ……コチと戸だなの中の時計が或る時は強くはっきりと、或る時は物すごくかすかに……音を立てている。 隣の道を今宵は人がたくさん通る。何か縁日の様な宵だ。 ーーーー


布団に横になってだらだらと日記を書く自分を嘆く女性。当時の価値観から見れば大層だらしないことなのだろう(現在ではそれほどでもないが)。でもそんなことをしてしまうのが、また若い女性らしさともいえる。 文中に出てくる「中気」とは「中風」とも言われるもので、古くは脳卒中の症状である、半身不随、片まひ、言語障害、手足のしびれやまひのことをそう称した。彼女の場合、軽い手足のしびれや震えなどを感じていたのをそう書いているのだろう。


【大正14年の出来事】 1月 イタリアのムッソリーニが独裁宣言 1月 日本がソ連を承認し日ソ基本条約締結される 3月 東京日暮里で大火事 3月 東京放送局(後の日本放送協会)がラジオ放送開始 4月 日本で治安維持法公布される 5月 上海で五・三〇事件が勃発、6月に対応のため日米伊の軍隊が上陸 9月 帝国議会議事堂全焼 11月 山手線で環状運転開始 11月 ドイツでナチス親衛隊設立 12月 大日本相撲協会(後の日本相撲協会)設立

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー