<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年 :家業である農業を手伝い始めた10代少年の日記。1924年3月27日

農学校卒業間近とのことなので15~16歳くらいか。長野県在住。11月3日1月26日の日記と同じ人物。
diary2016.3.27


ーーーー 今日ヨリ農業生活ノ第一歩ヲ踏ミ出シタ。 朝六時起床、庇ノ掃除。朝飯後洗○○ヲ出シタ。十時頃ヨリ縄ナイヲヤッタ。中々思ウ様ニイカナカッタ。 午後モ同ジク縄ナイヲヤッタ。 本日ハタッタ三ボンシカナエナカッタ。 ーーーーー


前日、農学校を卒業して本格的に家業である農業を手伝い始めた少年。この日は縄を作ったりしたものの、なかなか上手くいかなかったようだ。新しい環境に慣れるのが大変なのはいつの時代だって同じなのだ。


【大正13年の出来事】 1月 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)ご成婚  3月 谷崎潤一郎『痴人の愛』連載開始  5月 アメリカで排日条項を含む移民法が成立。日本人の移民が全面禁止される  8月 甲子園球場落成  12月 銀座松坂屋オープン

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー