<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年: 病気療養中の10代少年の日記。大正時代のご近所トラブル。#1924年4月12日

10代少年の日記。千葉県の千葉郡蘇我町(現在の千葉市中央区中南部)に在住。4月12日と同じ人物。この少年は長患いのため自宅で療養中のようだ。
diary2016.6.13


ーーーー 昨晩の新聞には(明日梅雨)とあったが曇っていて雨は降らなかった。但し梅雨期特有のじめじめした空気は気持ちが悪かった。蒲団も乾かそうと思っている内に曇が続いて梅雨期になってしまったのでじめじめして気持ちが悪かった。朝母に掃除して貰って幾らかは減じたが。熱は例日の様には午后は登らなかった。今日は古雑誌を読んだ。昼食は起きていた。袋の方の客が飯を食べて帰った様である。 夜。母は裏の奴等の悪事を話して聞された。風呂場の側においてあるまきが非常に早く少しになると思って居たら、(奴等が取るのではないか思って母は前の日によく積んである形を見定めておいた處が翌朝になると形が違い沢山足らないので、さてこそとうなづいたのだそうだ)裏のかかあが取る事が判ったのだそうだ。そこでまきが何処にあるかを見つけて證(証の旧字)拠を取ろうとしたが巧みに隠してあるので見つけることが出来ず又竈の下は何時見てもきれいに掃いてあって胚芽少しも無いのだそうだ。「父が三日も番をすれば押さえる事が出来るんだけど」と母は嘆いていた。それから去年の十月時分湯屋の家へ夜泥棒に入ったのだそうだ。色々裏のかかあに相違ないと言う。ふごうは合っているが何しろ證(証の旧字)こが無いが仕様がないと云っていた。 ーーーー


大正のご近所トラブル。裏の家の奥さんが少年の家に泥棒に入ってきているのでは、という話だ。盗まれたものが・まき・というのが時代を感じさせる。


【大正13年の出来事】 1月 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)ご成婚  3月 谷崎潤一郎『痴人の愛』連載開始  5月 アメリカで排日条項を含む移民法が成立。日本人の移民が全面禁止される  8月 甲子園球場落成  12月 銀座松坂屋オープン

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー