<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年:陸軍士官学校に所属していると思われる10代の青年の日記。1924年12月3日

神戸出身だが東京に駐屯している部隊に所属しているようだ。

12                                                                                                                        


ーーーー 晴 趙教官殿より「奉天ノ張作霖ハ明○(?)為 ○(?)ニ東三省熱河ヨリナル一小帝国を建設シ宣統皇帝ヲ招迎スルデアラウ。併シナガラ奉天府内ノ孫○(?)黒ノ一派ガ妨害スルカモ知レナイ」 第一限ニハ心理ノ試験ガアッタガ不出来。 命令ノ伝達ヲ誤ッテ五中隊ノ輜重兵科生ハ後レ班長殿カラ叱ラレタ ソレガ為馬術ハ後レ引イテ剣術マデガ後レタ 後デ班長殿ニオ詫ビヲシタ 命令ガ一度間違フト其ノ影響ガ如何ニ大ニナルカトイウイフコトヲツクゞ感ジタ 馬術ニハ姿勢。馬乗体操。内方姿勢ヲ習得シタ ーーーー


12.3h日記中で教官が話している張作霖は中国の北東地方で当時、強大な軍閥を率いていた。その後、中国本土までその勢力圏を広げようとしたが、1928年(昭和3年)に日本の関東軍により謀殺された。 日記中に出てくる「輜重兵」は「しちょうへい」と読み後方支援、いわゆる兵站を主に担当する役割の兵隊のこと。


【大正13年の出来事】 1月 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)ご成婚  3月 谷崎潤一郎『痴人の愛』連載開始  5月 アメリカで排日条項を含む移民法が成立。日本人の移民が全面禁止される  8月 甲子園球場落成  12月 銀座松坂屋オープン

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー