<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年:海軍兵隊で巡洋艦・春日に乗船し、電信室に勤務している20代の男性。#戦前の日記 #1924年10月31日

1924年(大正13年)10月31日 20代の男性。海軍兵隊で巡洋艦・春日に乗船し、電信室に勤務している。5月22日6月15日6月27日9月22日と同じ人物。
diary2016-10-31


ーーーーー 本日は天長祝日八時満艦飾をする為の空中線を見張り、遙拝式及御真影奉拝ありたるも出でず。甲例の御馳走あり。菓子折一ヶ酒一合外に様々あり。午後右舷直半舷上陸。十八駆逐隊より御真影奉拝に来る。夕方満艦飾す時に分隊兵員二人を伴って空中線展弦するも○(?)ありし為めいい加減にして止む。電信所当直ありしも其の為行かず。夜夏襦袢二洗濯す。機関部の中村二○(?)遊びに来る。 ーーーーー


この日は、大正天皇の誕生日を祝う、天長節という祝日として、日記の男性も、乗船する船を、満艦飾(軍艦が祝意を表すために、艦首からマストを通して艦尾までの旗線に信号旗などの旗を連ねて掲揚して飾ること)にするなどしていたようだ。 しかし、実は大正天皇の誕生日は本来8月31日だった。これは真夏は天長節の式典に不都合があるとして、1914年から祝日は2か月後の10月31日に移されていたためにこの日に行われていた。大正時代は、本来の誕生日である8月31日も休日で、10月31日と合わせ天皇誕生日としての休日は年に2回あったのだ。


【大正13年の出来事】 1月 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)と良子女王(後の香淳皇后)ご成婚 3月 谷崎潤一郎『痴人の愛』連載開始 5月 アメリカで排日条項を含む移民法が成立。日本人の移民が全面禁止される 8月 甲子園球場落成 12月 銀座松坂屋オープン

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー