<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年:雑誌などに文章や詩などを投稿することを趣味としている21歳の男性 #1923年6月3日 #戦前の日記

家業の農業を手伝っている21歳の男性。群馬県在住。
diary2016.6.3


ーーーー 八時半起き。 初夏のまぶしい太陽が此頃ようやく威が加わって来た。深い深い緑の若葉からもれくる光を仰ぎ乍ら底知れぬ碧空をのぞけば時々白い雲が過ぎて行く。起きて居て○○(?)にレターしたためる。思っていることを皆書けた。 長々しく五枚、不思議に肩肘の有る文が、いや文字が書けた。 座敷に縁側に勝手にそこここと遠慮しつつ書き歩く。ここにある若○○(?)悩みが有るではないか。丸山芳江の名は……そして戸板○○(?)の名は……。ビールに半分酔い二階にうたた寝して居れば慈愛深い母は寝巻きにに枕もて知らずに掛けて下されたり。有難からずや。 静かに暮れゆく空。啼き出す蛙の声。カチカチきざむ時計のセコンドの音。夜の幕は下りた。遅く帰る男衆。そして又少しづつ(ママ)この夜翳る後の暗さよ。 夕方よりの腹痛也。スパーク十五分。九時就寝。 ーーーー


日記の男性の一族は田畑だけではなく養蚕も手がけ使用人も数人雇うなどそれなりの資産家だと思われる。男性は雑誌などに文章や詩などを投稿することを趣味としているようだ。女性のこと徴兵のこと、長男としての悩みなどがこの日記には書き綴られている。


【大正12年の出来事】 6月 エトナ火山噴火  7月 ケマル・アタテュルクのトルコ政権が連合国とローザンヌ条約を締結  9月 関東大震災発生  10月 ウォルト・ディズニー・カンパニー創立。  12月 ネパールがイギリスから独立  12月 虎ノ門事件

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー