<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年16歳(満15歳)の少年の日記。 1922年12月20日

旧制中学校に通っていて日々学校のことなどを綴っている。11月2日の日記の続きとなる。

11.2h

1220・ソnikki

 


ーーーー 朝の間にヘビーをかけて昨夜の残りをする。登校の時間までにやっと出来る。 頭に入って発表するのは困難なのは科学で問題に目をとおした時は何も分からぬ。よくゝ考えて行くと分る。 英作も易い問題だが、一つ単語をミステイクした。今思い出してもギョッとする。この試験の失敗、試験も終りが近いに如何ともとりかえしがつかない。 帰って○○(?)用の準備。昼の間に一回、夜また一回、それに出そうな所を一通りきめてまた一回。度々の失策を挽回せんといき込む。 ーーーー 


期末試験に奮闘する少年。他の日も含め試験についての記述を見ていると、彼の学んでいることは当時としても非常に高度で、授業についていくのにも四苦八苦している。 実は当時の旧制中学はエリート養成機関だった。大正、昭和初期にかけて、旧制中学校への進学率は1割にも満たなかったうえに、学費も非常に高かった。そのため裕福な家庭の師弟、もしくはよほど優秀な子どもでないと通うことの出来なかった場所なのだ。


【大正11年主な出来事】 2月 ワシントン軍縮会議  3月 朝日新聞がラジオの実験放送を実施  4月 ヨシフ・スターリンがロシア共産党書記長に選出  9月 目黒蒲田電鉄(後の東京急行電鉄)設立。 11月 アルベルト・アインシュタイン来日  12月 ソビエト社会主義共和国連邦(USSR)成立

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー