<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正1

年 :14才の女性。高等女学校2年。#1921年4月16日 #戦前の日記

愛知県在住。11月16日1月30日2月20日と同じ女性。
diary2016.4.16


ーーーー 朝業糸継ぎ、今日、村雲尼公小湊の誕生寺へお出ましになり一宮駅をお通りになるとの事にて当校よりは総代参れり。国語(よみ)二時・三時交換す。家事の時間は衛生上の事を教えられたりお掃除は便所に当り一時一分の列車にて帰宅す。お使いに行けり。それより山崎さんの家に行きたり。晩は髪を洗えり。 ーーーー 


日記中に出て来る村雲尼公とは、伏見宮邦家親王の第八皇女で八歳で得度(出家し仏門に入ること)し日栄と号した女性のこと。日露戦争の後、篤志看護婦人会京都支部の活動に尽力。尼修道院・村雲婦人会を創立するなど尊敬を集めた。またその端正な容姿により非常に人気も高かったようだ。確かに当時の写真を見てみるとかなりの美人である。


【大正10年の出来事】 3月 日本の皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)がヨーロッパ歴訪に出発。  7月 中国共産党、上海で創立  8月 借地法・借家法公布  9月 ベルリンに世界初のハイウェイ完成 11月 原敬暗殺  12月 ワシントン会議で日本・米国・英国・フランスの四か国条約が調印。日英同盟が破棄決定

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー