<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正9

: 陸軍士官学校予科に所属していると思われる少年の日記。1920年12月14日

15~16歳くらいだろうか。佐賀県の鳥栖出身だが普段は学校のある東京で生活している。 IMG_20151214_0004


ーーーー 一.降雪以来一週間ノ経過セルモ未ダ消エズ。 二.午后九時四十分第二回流行感冒予防接種ヲナス。 三.本日ノ日課ハ就寝ナリトテ皆就寝ヲ命セラル。 ーーーー


IMG_20151214_0003陸軍士官学校予科は全国から、将来の陸軍を担う人材が集まってくるエリート校だった。日記の主も優秀な少年だったのだろう。彼らの生活は非常に規律が重んじられていた。おそらく予防接種のあとに休養を取るという決まりになっていたのだろうが、「就寝ヲ命セラル」というあたりにもその厳しさが窺える。


【大正9年の主な出来事】 1月 国際連盟成立、ヴェルサイユ条約発効  1月 アメリカにて禁酒法発効  2月 第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が行われる  3月 日本で株価が大暴落。恐慌が起こる  10月 日本最初の国勢調査実施

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー