<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正元

:陸軍大将乃木希典の自刃。ショックを受ける、陸軍に所属する20代の男性。#1912年9月15日

1912年(明治45年/1月1日ー7月30日 大正元年/7月30日ー12月31日)9月15日 陸軍に所属する20代の男性。青森県に駐屯している。7月10日7月29 日7月31日と同じ人物。
diary2016-9-15


ーーーーー 本日謹慎 師団衛兵下番 先ノ十三日乃木大将午前八時霊轜合図ニ夫妻赤坂ノ自邸ニ於テ自殺セラル。大将ハ軍刀ニテ腹直線ニ切リ尚頭部ヲ右ヨリ左ヘ美事ニ掻キ切レリ。 婦人ハ短刀ニテ匕首心臓ヲ刺シ何レモ美事ナル最後ヲ遂ゲラレタリ。 ーーーーー


7月に明治天皇が崩御し、9月13日に大喪の礼が執り行われた。その日、陸軍大将だった乃木希典は、明治天皇の後を追い、妻の静子とともに自刃した。日露戦争を勝利に導いた立役者だった乃木の殉死は、大きなニュースと成り日本人に大きな衝撃を与えた。その影響もあり日本中に、乃木神社や乃木坂など・乃木・を冠した神社や地名が生まれた。


【明治45年/大正元年の出来事】 1月 孫文が南京で中華民国の成立を宣言し、臨時大総統に就任 2月 愛新覚羅溥儀が清朝皇帝を退位し清が滅亡する 3月 尾崎行雄東京市長がワシントン市に三千本の桜の樹を贈る 4月 タイタニック号が沈没 7月 明治天皇が崩御し元号が明治から大正に改元 9月 明治天皇大喪が青山練兵場で行われる。乃木希典が殉死

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー