<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

大正元

:勉強とともに家の手伝いをしっかりとこなす14歳の少年。#戦前の日記 #1912年8月22日

14歳の少年の日記。高等小学校2年に在学中。岐阜県在住。(明治45年/1月1日ー7月30日 大正元年/7月30日ー12月31日)diary2016.8.22


ーーーーー 朝食ー五時半 六時より十一時五十分マデ草刈リ 中食ー〇時半 〇時四〇分ヨリ三時半迄学習 三時半ヨリ四時マデ干シ物入レ 三時半ヨリ五時マデ雑用 五時ヨリ郷社ヘ参拝 夕食六時 六時ヨリ芝居見物(親類ヨリ) 帰宅十二時 ーーーーー


朝五時半に起き、勉強とともに家の手伝いをしっかりとこなしている。高等小学校はすでに義務教育期間ではなく、十代半ばの少年はすでに、家業においてはしっかりと戦力として計算されていたのだろう。 日記の下段左部分には「教育勅語の一節を説き奉れ」との設問がある。教育勅語は、戦前教育の象徴として知られているもので、1890年(明治23年)10月30日に発布され、大日本帝国で、修身・道徳教育の根本規範と捉えられた。当時の子供達はこれを暗記するのがきまりだった。 その文章は今見ると非常にしかつめらしい雰囲気ではあるが、親や家族を大事に、友達と仲良く、がんばって勉強しましょう、世の中のためになりましょう、などの、ある意味、常識的な道徳を説くものとなっている。


【明治45年/大正元年の出来事】 1月 孫文が南京で中華民国の成立を宣言し、臨時大総統に就任 2月 愛新覚羅溥儀が清朝皇帝を退位し清が滅亡する 3月 尾崎行雄東京市長がワシントン市に三千本の桜の樹を贈る 4月 タイタニック号が沈没 7月 明治天皇が崩御し元号が明治から大正に改元 9月 明治天皇大喪が青山練兵場で行われる。乃木希典が殉死

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー