OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一皿¥500で食べ歩き⁉「のべおかタパス」7日から9日まで開催!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

宮崎県延岡市で「のべおかタパス 2020」が開催されます。

 

「のべおかタパス」って何ですか? 

 

質問にお答えしますと、市内27の飲食店が参加し、地元食材を使った料理をスペインの小皿料理「タパス」にちなんだスタイルで提供するというもの。参加者は500円券5枚つづりのチケット(2,000円)を購入し、1枚で1皿を楽しむことができる食べ歩きイベントです。

 

なんでスペインなのか?

海の幸、山の幸、里の幸が揃う延岡は、美食の地として知られるスペインのバスク地方に似た環境が揃っています。これにあやかり「東九州バスク化構想」というプロジェクトを推し進めていて、「TABILISTA」で連載していただいている料理評論家の山本益博さんもプロジェクトに参加しています。その一環として「のべおかタパス」というイベントが開かれるようになり、今年で3回目となります。編集部は先日、延岡に取材に行ったばかりで、この地の食材の素晴らしさを身をもって感じてきました。この機会にぜひお試しください。

 

延岡での取材の模様は、山本益博さんの連載「夫婦で行く1泊2食の旅」で近日中にレポートいたします。こちらもお楽しみに!