オバマ大統領の訪問で、改めて注目されている「ヒロシマ」

各界著名人28名による心に響くヒロシマからのメッセージ!! オバマ大統領「広島スピーチ」全文掲載。

ベストセラー『世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』の著者最新刊発売!!

 

 

hiroshima

 

『世界の著名人が伝えていた ヒロシマからの言葉』  佐藤美由紀:著    1000円+税

 

 

ヒロシマを感じて、考えたうえで出てきた言葉のひとつひとつが、歴史を変える力になっていく――

 

2016年5月、世界ではじめて原爆の被害に遭った街・広島で、世界ではじめて原爆という核兵器を使用した国アメリカのオバマ大統領のスピーチに注目が集まりました。

とはいえ、これまでもチェ・ゲバラ、ヘレン・ケラー、ヨハネ・パウロ2世、オリバー・ストーン、ペレなど各分野で活躍している海外の著名人が広島を訪れ、日本人の心に響く言葉を残していたのです。

本書では、彼らが発した言葉を紹介するとともに、その思想や背景などを、広島県出身の著者が解説。著者の本書への思いは、本書あたまのページに書かれているのですが、まずはぜひこちらをご覧下さい。

 

まえがき

 

 

 

ということで、本書の取材で6月に広島へ行ってきました。その時に訪れた場所をいくつか紹介させて頂きます。
 

 

広島平和記念公園にて

原爆死没者慰霊碑からは、点火以来、消えることのない平和の灯、そして原爆ドームを見ることができます。

 

1201606広島
 

 

 

 

オバマ大統領の折り鶴

平和記念資料館には、オバマ大統領が折った折り鶴が展示されています。すごい行列でしたが、なんだかこの折り鶴が見えるとほっとした気持ちにもなりました。

 

87201606広島

 

 

 

 

折り鶴といえば「原爆の子の像」

この像は、2歳で被爆し、外傷もなく元気に過ごしていた9年後に白血病を発症した禎子さんの回復を願って多くの折り鶴が折られたことがきっかけとなり、原爆で亡くなった人たちへの慰霊と平和への願いを込めて建立されました。像の回りには折り鶴ブースが設置され、現在でも日本だけでなく世界中から、届けられる折り鶴が捧げられているとのこと。

 


19201606広島

 

 

 

 

市の花「キョウチクトウ」

原爆投下後、75年は草木も生えないといわれていた焦土にいち早く咲いた花がキョウチクトウでした。当時、復興に努力している人々に希望を与えた花なのでした。また、8月6日の平和記念日の頃が花の盛りで、広島平和記念公園内には多くのキョウチクトウが咲き誇り、その姿はひとしお感慨を新たにさせてくれます。写真は初夏のもので、白い花ですが、赤、ピンクなど色は様々あります。

 

3201606広島

 

 

 

広島は大人になってから、改めて行くべきところだと思いました。

ぜひ、世界中が注目する今こそ、平和について改めて考えてみてもらえれば。本書がそのきっかけになると幸いです。