『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は、単なる「旅」であることを超える。

  • 『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える

    『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える
  • ブーツの国の街角で

    ブーツの国の街角で
  • アジアは今日も薄曇り

    アジアは今日も薄曇り
  • 琉球島猫百景

    琉球島猫百景
  • 越えて国境、迷ってアジア

    越えて国境、迷ってアジア
  • 旅とメイハネと音楽と

    旅とメイハネと音楽と
  • 韓国の旅と酒場とグルメ横丁

    韓国の旅と酒場とグルメ横丁
  • ステファン・ダントンの茶国漫遊記

    ステファン・ダントンの茶国漫遊記
  • 台湾の人情食堂

    台湾の人情食堂

最新記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020.1.23

#77 サンマリノ共和国:欧州唯一の神社:『サンマリノ神社』参拝記(後編)

【文と写真/田島麻美】~歩いて発見、食べて楽しいイタリア探訪~〈第77回〉***「5世代に渡って守り抜かれてきた豊かな大地」欧州で唯一、神社本庁に承認された『サンマリノ神社』の参拝記。今回は神社を拠点に広がっていく日本とサンマリノ共和国の交友の輪を支える人々についてご紹介したい。

IMG_0141

2020.1.23

#09 台湾〈9〉栗松温泉

【文/下川裕治・写真/廣橋賢蔵】~CLOUDY ASIA~〈第9回〉***気温35度を軽く超える猛暑のなか、紅葉谷温泉に浸かった。河原を流れる温泉の湯に体を浸した入浴だったが。その日は、そこから栗松温泉に行くことになっていた。ここは嘎拉賀(がらほ)野渓温泉のような谷底温泉らしい。台湾の秘湯温泉の案内役である廣橋賢蔵さんが以前に訪ねていた。「嘎拉賀よりはずっと楽ですよ」と彼はいっていたが、その言葉は信じないことにしていた。

IMG_3909

2020.1.22

#31 〈番外編〉台湾 猴硐猫村〈2〉人が猫に寄り添う美しい村

【写真/仲程長治・文/シマネコキネマ】〈第31回〉***前回#30に引き続き、世界的に有名な猫スポットである台湾・猴硐猫村(ホウトンマオツゥン)からのレポート。猫カフェや猫グッズの店が立ち並ぶ丘陵沿いの集落側から、猫たちがくつろぐ猫型の跨線橋を通って駅の反対側へ渡ると、かつて炭坑で栄えた村の歴史を辿る資料館や、廃虚となった炭坑工場の跡地などがあり、そこにもまた猫たちのパラダイスが広がっていた。

07

2020.1.22

#91 台湾海峡一周〈7〉福州~台湾・媽祖諸島

【文と写真/室橋裕和】~辺境マニアのアジア国境越えガイド~〈第91回〉***僕は台湾から、船で海峡を西に越えて、中国大陸に渡ってきた。着岸したのは「在日中国人のふるさと」福建省。日本留学の経験者チャンさんとリンさんに案内され、省内を旅し、連夜の酒宴に明け暮れてきたが、大陸を後にするときが来た。もう一度、今度は海峡を東に越えて、台湾に向かうのだ。出発の朝である。およそ1週間ほどを過ごした福建省をあとにして、僕は再び海峡を渡るのだ。目的地は台湾・媽祖諸島。福州東部、閩江(ミンチャン)沿いの港から、台湾海峡を横断する……

IMG_0250

2020.1.21

#80 ポーランド・クラクフ観光&グルメツアー〈2〉

【文と写真/サラーム海上】~オリエントグルメ旅~〈第80回〉***今日は旧市街の南側にあるユダヤ人地区カジミエシュ観光と、クラクフで毎年6月に開催されている国内最大のユダヤ文化フェスティバル「Jewish Culture Festival(ユダヤ文化フェスティバル)」の創始者に話を聞くのが主なミッションだ。*今回の料理レシピは赤、緑、茶色の色違いの具材を詰め込んだポーランド餃子のピエロギ三種だ。

01

2020.1.17

#100 韓国の角打ち、シュポ飲みの楽しみ方〈後編〉

【文/チョン・ウンスク】~アジアの街・ノスタルジック紀行〈韓国〉~〈第100回〉***シュポ(小さな食料雑貨店)で飲むということがどういうことなのか、経験したことのない日本の人に説明するのはなかなか難しい。しかし、アカデミー賞6部門にノミネートされた映画『パラサイト 半地下の家族』が日本でも大ヒットしているため、なるほどあれがシュポかとピンとくるようになった人が多いようだ。今回は私の行きつけのシュポを数軒挙げながら、店ごとの楽しみ方をお伝えしよう。

オススメ記事

2019.3.12

世にも愉しい「廃線ウォーク」!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【文と写真/編集部】21年前に廃止された横川と軽井沢を結ぶ信越本線の碓氷峠。昨年、21年も放置されてきた線路上を歩ける「廃線ウォーク」というトレッキングツアーを安中市観光機構が始めた。廃トンネル、廃橋梁、錆びたレール、苔むした枕木、興味津々「廃線ウォーク」体験に行ってきました!

2019.8.29

#15 駿河名物てんこ盛り!「富士山海道船弁」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【文と写真/漁港めぐり編集部】〈第15回〉~「本当に旨い魚を現地でいただく!」をテーマにお届けする「全国漁港めぐり」。今回は静岡県を代表する港街、静岡市の清水港から。清水港を巡るランチクルーズ体験をお届けします。***唐突だが、日本一深い湾がどこかご存じだろうか?

2019.11.7

山田静・著『京都で町家旅館はじめました』好評発売中!!

kyoto_cover

タビリスタの人気連載、山田静さんの『京都で町家旅館はじめました』#01~#25を収録した単行本『京都で町家旅館はじめました』が、全国書店&インターネット書店で好評発売中です。京都暮らしや町家旅館のエピソードがいっぱいつまったエッセイ&ガイド。京都への旅のおともにも、秋の読書にもおすすめです。ぜひお手にとってみてください! また、タビリスタの連載もゆるりと続いていますので、そちらもあわせてお楽しみください!!

2019.4.19

#14 魚の楽園「門川町」で神秘の漁師体験

ph4縺セ縺輔↓螟ァ驥・JPGS

【文と写真/原田秀司】古来より、日本人と海は切っても切れない深い繋がりがあります。生命の源でもあり、我々日本人に多くの恵みを与えてくれる海。島国である日本にとって、海は最も身近な自然とも言えます。なかでも今回特集する海は人の生活と自然が絶妙にマッチし、さらに古代から脈々と受け継がれた神秘性を今も残している希少な場所です。そこは宮崎県の門川町にあります。

ページトップアンカー