『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は、単なる「旅」であることを超える。

  • 『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える

    『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える
  • 台湾の人情食堂

    台湾の人情食堂
  • ブーツの国の街角で

    ブーツの国の街角で
  • 越えて国境、迷ってアジア

    越えて国境、迷ってアジア
  • ブルー・ジャーニー

    ブルー・ジャーニー
  • ステファン・ダントンの茶国漫遊記

    ステファン・ダントンの茶国漫遊記
  • 旅とメイハネと音楽と

    旅とメイハネと音楽と
  • 旬の地魚を味わう漁港めぐり

    旬の地魚を味わう漁港めぐり

最新記事

backpack00_img01

2018.6.18

#00 はじめに

WEB連載版 バックパッカーズ読本 文と写真・『バックパッカーズ読本』編集部 タイトルイラスト・野崎一人タイトルデザイン・山田英春   1990年代後半。あの頃、世はちょっとしたバックパッカー・ブームだった。

商人なのか先生なのか

2018.6.18

#28 私の想いと言葉は伝わるか 2

ステファン・ダントン       「おひらきにする」っていうステファン語。それは「オープンにする」っていうこと。 私の店「おちゃらか」が今年で「おひらき」してから13年。「日本茶の世界を

10

2018.6.15

#62 『鉄道やバスで台湾一周』講座ダイジェスト〈1〉

【文/光瀬憲子】~アジアの街ノスタルジック紀行~〈連載第62回〉台湾は九州ほどの大きさの島で、鉄道やバスで一周するのはそう難しくない。そんな旅にぴったりなのが台鉄と呼ばれる在来線「台湾鉄路」だ。台北からスタートし、西廻り(逆時計まわり)がおすすめ。台湾は西側に人口が集中しているため、見どころ食べどころも多い。高鉄(新幹線)ならば速く回れるが、せっかく列車の旅を楽しむならば、やはり台鉄をメインにしたいところ。今回は、名古屋の栄中日文化センターで講師を務めている「台湾一周の旅」(3回講座)の第1回「台北から嘉義」の内容をダイジェストでお届けする。

DSCN0601

2018.6.14

#61 ボルネオ島のマレーシア領、サバ州の鉄道〈2〉

【文と写真/ 下川裕治】~辺境路線を乗りつぶして1万キロ~〈連載第61回〉「ビューフォート~テノム」ボルネオ島を走るマレーシアのサバ州の列車に乗っていた。起点はタンジュン・アル駅。そこから1時間半ほど乗ってビューフォートに着いた。ここから先の終点、テノムに向かう列車は午後1時半だった。ビューフォートの駅前の日陰でだらだらしている運転手たちに声をかけてみた。ここからタクシーでテノムまで向かい、そこから今日の列車でビューフォートまで戻ることも考えられたからだ。「テノム発が午後1時?いま10時。テノムまでこの車なら2時間半」「間に合うじゃないですか」「いや、途中でなにがあるかわからない」そこにいる数人のドライバーも頷いた。つまりは行きたくないのだ。このドライバーたちは給料制なのかもしれない。やる気がまったくない。列車でテノムまで行くしかなかった。

montalcino_title

2018.6.14

#38 モンタルチーノ&サン・クイリコ・ドルチャ : ワインとともに生きる村々

【文と写真/田島麻美】「歩いて発見! 食べて楽しいイタリア探訪」〈連載第38回〉トスカーナのポスターや絵葉書などで目にする美しい丘陵地帯の自然と丘の上の中世の村の風景は、このオルチャ渓谷が撮影ポイントとなっている。特に風光明媚なモンタルチーノとキアンチャーノ・テルメの間には、カスティリオーネ・ドルチャ、モンタルチーノ、サン・クイリコ・ドルチャ、ピエンツァ、ラディコファーニ、バーニョ・ヴィニョーニ、モンテプルチャーノといった中世の村が点在しており、ドライヴの息抜きに訪れてみるもの楽しい。丘の上の城壁の中には、どんな暮らしが息づいているのか?モンタルチーノとサン・クイリコ・ドルチャの村歩きをご紹介しよう。

オススメ記事

2018.4.23

#10 ニャハ島 『Nyaha!』の個性豊かな島猫キャスト

6J5A0264

【写真/仲程長治文/シマネコキネマ】島猫映画『Nyaha!』のプロローグ編、『Nyaha!Part#0』が完成し、4月19日~22日に開催された「島ぜんぶでお~きな祭 第10回沖縄国際映画祭」の特別招待作品として上映された。……ということで、今回はその記念として、『Nyaha!』の舞台である架空の南の島、「ニャハ島」の島猫キャストたちをご紹介しよう。キャストといっても、もちろん本人(猫)たちにその自覚はないので、あしからず。

2018.5.23

#46 〈番外編〉オランダのニシンと宮古島のビーツ

tabilistaニシン

【文と写真/サラーム海上】「TABILISTA」編集部から早すぎるお中元が届いた。開けると、特集記事「オランダ王室御用達ニシンとは!?」を読んで、美味そうだなあと舌なめずりしていたオランダ王室御用達の「クラウンマッチェス」ニシンだった!おお、これは願ってもない!僕は専門こそ中東料理だが、北~東ヨーロッパの料理で用いられるニシン料理も大好きなのだ。ロシア料理「毛皮を着たニシン」を作ろう!クラウンマッチェスと宮古島産ビーツ、北国と南国の食材のマリアージュ!2つの異なる地域の食材の仲を取り持ってくれるのは北海道産のメークイーンとマヨネーズだ!

2018.6.8

#61 この夏、ソウルで体験したい5つのこと

06

【文/チョン・ウンスク】「失われつつある韓国らしさを求めてーーソウル在住の紀行作家が韓国全土を歩いて古き良き時代の匂いを残す風物を愛でながら、韓国庶民の息吹を伝える」〈連載61回目〉1 「徳寿宮で毎週木曜日に行われている無料公演」、2「 旧ソウル駅舎見物」3 「話題の平壌冷麺を食べる」4 「熱気あふれる多面体・鍾路3街を歩く」5 「ドキドキしながら入りたい路地裏の謎酒場」★7月18日(水)福岡で、22日(日)大阪で、筆者のトークイベントが行われる予定です。詳細が決まりしだい本コラムやTwitter(https://twitter.com/Manchuria7)でお知らせします。

2018.5.14

よみうりカルチャー講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』開講中!

韓国TVドラマガイド別冊_最新

読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、TABILISTAでも連載中の『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。講座は月1回、4月~6月期は第2週土曜日13時30分~15時、7月~9月期は第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころなどをわかりやすく紹介していきます。講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。

ページトップアンカー