『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は、単なる「旅」であることを超える。

  • 『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える

    『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える
  • 駅弁ひとり娘

    駅弁ひとり娘
  • 台湾の人情食堂

    台湾の人情食堂
  • バックパッカーズ読本

    バックパッカーズ読本
  • ブルー・ジャーニー

    ブルー・ジャーニー
  • 風まかせのカヌー旅

    風まかせのカヌー旅
  • 韓国の旅と酒場とグルメ横丁

    韓国の旅と酒場とグルメ横丁
  • ブーツの国の街角で

    ブーツの国の街角で
  • 旬の地魚を味わう漁港めぐり

    旬の地魚を味わう漁港めぐり

最新記事

#14 DENCHA

2018.8.17

#14 直方から若松へ #折尾駅「かしわめし」

【監修/櫻井寛・作画/はやせ淳】~TABILISTA WEBコミック~〈第14回〉『駅弁ひとり旅』でサブキャラクターだった菜々。当時、週刊誌の記者だった彼女がフリーの鉄道カメラマンを目指し、全国を旅しながら、ふたたび駅弁を食べまくる、鉄道写真の奥深い世界と駅弁があわせて楽しめる新ストーリー。「駅弁」ライターの菜々は、日田彦山線から田川後藤寺で後藤寺線、新飯塚で筑豊本線と乗り継ぎ、亡き父の故郷、直方にたどり着いた。ここからお目当ての駅弁を求めて、次の目的地を目指す。

09

2018.8.17

#66 この夏、台南で食べるべき納涼グルメ!

【文/光瀬憲子】~アジアの街ノスタルジック紀行~〈第66回〉台湾は九州ほどの大きさしかないが、北と南では気候も気温もだいぶ違う。台湾南部は北部よりも気温が高く、太陽の照りつけが厳しい。だがその分、美味しい食材があふれている。今回は南部を代表する食都・台南の夏グルメを紹介しよう。台湾の夏はとにかく暑いので旅行を避ける人も多いが、暑いからこそ美味しいのがフルーツだ。台湾は初夏の6月頃から9月にかけて……

バックパッカーズ読本#04用

2018.8.15

#04 アジア地域の「暑さ」と「雨」に対抗するには?〈後編〉

【文と写真/『バックパッカーズ読本』編集部】~究極の個人旅行ガイド~〈第4回〉「食欲がないときの対策は?」どれだけ暑くてもしっかり食べるのは旅の基本だ。東南アジアやインドは、スパイスやハーブを多用した料理で知られる。これらの香りには食欲増進の効果があるのだ。やはりその土地のものをしっかり食べることが、気候に対応する方法のひとつといえるだろう。とはいえ、どうしても食欲が出ないことだってある。そんなときは、……。

12

2018.8.14

#51 グランド・キャニオン 時を歩く〈2〉

【文と写真/時見宗和】[Text & Photo by Munekazu TOKIMI]~地図のすきまにもぐりこむ~〈第51回〉グランド・キャニオンの中の峡谷のひとつ、ハバス・キャニオンに分け入る。トレッキングシューズをアウトドアサンダルに履き替えて小川の中を歩き、アウトドアサンダルをトレーキングシューズに履き替えて、川の淵を歩く。オークとハヒロハコヤナギの木立、ヤナギ、ギョリュウ、ガマなどの群落。クレソンにクジャクシダ、さまざまな草や苔。緑と水の、きらきらと歯切れの良い匂いに、体の芯が揺さぶられる。

DSC07195

2018.8.14

#47 フィナーレは花札で

【文と写真/林和代】~太平洋の祭りを目指して!パラオからグアムまで2000キロ!~〈第47回〉2016年5月22日の朝4時。アラーム音で起きだすと、まあるい月はまだ輝いて、どこにも朝の光は射していなかったけれど、夜の気配は明らかに薄くなっていた。こうなると夜の逃げ足は早い。###そして、差し入れのオレンジを果汁まみれになって貪っていると、あたりが青い光に包まれ始めた。目をこらすと、まだ暗い水平線上に、小さな三角帆の影を発見。よく見れば、あっちに一つ、こっちに一つ。他のカヌーも帆をあげて、もうじき始まるオープニングセレモニーに向けて準備をしているのだろう。

19

2018.8.10

#65 韓国大衆酒場ベスト10〈地方編〉

【文/チョン・ウンスク】~アジアの街 ノスタルジック紀行~〈第65回〉今回は、大阪のイベントで発表した『韓国居酒屋ベスト10〈地方編〉』を掲載する。筆者は20年前から韓国各地の大衆酒場を巡ってきたが、デポチプや酒幕と呼ばれる昔ながらの酒場は、首都ソウルよりも変化のスピードが遅い地方の町に多く残っていた。店選びの基準は、女将のキャラクター、地元密着度、常連客の熱など。もちろん安さは絶対条件だ。それでは、第10位から順に発表していこう。

オススメ記事

2018.7.4

#01 「初めてのバックパッカー」モデルルート徹底解説〈1〉

01

【文と写真/『バックパッカーズ読本』編集部】初のバックパッカー体験にぴったりのルート、バンコク→アンコールワット。どのくらいの日数で、予算はいくら必要で、航空会社はどうすればいいのか……慣れていない人でもきっと楽しく旅できるノウハウを解説する。

2018.6.25

『琉球島猫百景』日めくりカレンダー予約受付中!

島猫日めくり

連載中のコラム『琉球島猫百景』から、31 枚の美しい写真と島猫言葉で綴られた短冊形の日めくりカレンダーが誕生しました! 琉球の陰翳美あふれる大人の島猫写真集として、31日間繰り返し眺めて、じわじわとお楽しみください。【島猫映画Nyaha!公式ショップ→https://nyaha.official.ec/】

2018.5.23

#46 〈番外編〉オランダのニシンと宮古島のビーツ

tabilistaニシン

【文と写真/サラーム海上】「TABILISTA」編集部から早すぎるお中元が届いた。開けると、オランダ王室御用達の「クラウンマッチェス」ニシンだった!ロシア料理「毛皮を着たニシン」を作ろう!クラウンマッチェスと宮古島産ビーツ、北国と南国の食材のマリアージュ!垂涎のレシピをご紹介!!

2018.6.22

#62 『孤独のグルメ』に登場したテジカルビの魅力

01

【文/チョン・ウンスク】~アジアの街ノスタルジック紀行~〈連載第62回〉7月22日(日)大阪で、筆者のトークイベント『チョン・ウンスクの「韓国全土、呑んで、歩いて20年」 』が行われます。過去20年間の取材旅行のエピソードや韓国大衆酒場の魅力を語ります。内容やお申込み方法は下記をご覧ください。http://www.apeople.world/ja/culture/event_008.html

ページトップアンカー