『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は、単なる「旅」であることを超える。

  • 『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える

    『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える
  • 石巻/牡鹿半島 絶景・美食・縄文

    石巻/牡鹿半島 絶景・美食・縄文
  • バックパッカーズ読本

    バックパッカーズ読本
  • ステファン・ダントンの茶国漫遊記

    ステファン・ダントンの茶国漫遊記
  • 台湾の人情食堂

    台湾の人情食堂
  • 東南アジア全鉄道走破の旅

    東南アジア全鉄道走破の旅
  • ブーツの国の街角で

    ブーツの国の街角で
  • 越えて国境、迷ってアジア

    越えて国境、迷ってアジア
  • 駅弁ひとり娘

    駅弁ひとり娘
  • BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~

    BREAKFAST ON A JOURNEY~旅先の朝ごはん~
  • わざわざ飛行機に乗って、麺を食べにいってきます。

    わざわざ飛行機に乗って、麺を食べにいってきます。
  • 旬の地魚を味わう漁港めぐり

    旬の地魚を味わう漁港めぐり

最新記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019.2.20

#08 「石巻で小さな復興の芽が育む」山本益博 

【文/山本益博】***「石巻・牡鹿半島」連載の第8回目は、料理評論家の山本益博氏による寄稿ルポをお届けする。今回は、津波で甚大な被害を受けた石巻市東部の大川地区を訪れ、この地でスタートしたベビーリーフの生産現場を見学。地域住民とともに食を通じて復興を目指す新しい試みについてリポートしてもらった。***2011年3月11日の「東日本大震災」のあと、ボランティアで2度ほど石巻を訪れている。今回、初めて訪れたのは「良葉東部(イーハトーブ)」と名付けられた…

oznor

2019.2.20

#15 ロシア・ウラジオストク旅行術〈1〉事前準備について

【文と写真/来生杏太郎】~究極の個人旅行ガイド~〈第15回〉***宮殿を思わせる駅舎の待合室を通り抜け、石造りの階段を下ると切符売り場にたどり着く。窓口は六つあるが人はまばらだ。壁に掲げられた路線図には、キリル文字ではるか西のモスクワ、サンクトペテルブルクまでもが記されている。バックパッカーなら一度は夢見るシベリア鉄道の終着点が……

#18

2019.2.19

#18 下関~新山口 山陽本線「ふく寿司」

【監修/櫻井寛、作画/はやせ淳】~新・駅弁ひとり旅~〈第18回〉***九州鉄道発祥の地、門司港駅からトロッコ列車「潮風号」で関門海峡めかり駅に辿り着いた菜々。ここで関門海峡を歩いて渡れる「関門トンネル人道」の存在を知る。思い出の駅弁「ふく寿司」を求め、徒歩で本州上陸を果たすのだが……。前シリーズで週刊誌の記者だった菜々が鉄道カメラマンを目指し、全国を旅しながら、ふたたび駅弁を食べまくる、鉄道写真の奥深い世界と駅弁があわせて楽しめる新ストーリー

IMG_1272

2019.2.19

#05 割に合わない考古の基礎とスキル(中編)

【文と写真/丸山ゴンザレス】〈第5回〉「つらすぎる!? 引きこもり体質なら乗り越えられる地獄の整理作業」***前回は考古学の根幹をなす3つの作業パートのうち、花形とも言うべき「発掘」の光と影について講釈をたれてしまった。考古学からはみ出たジャーナリストであるのを良いことに、偉そうに語っちゃって、本職の皆さん、マジ、スミマセン!今回も怖いもの知らずのまま、考古学研究の作業工程についてお話したいと思う。紹介するのは、考古学の3大作業……

2009世界緑茶コンテストにて

2019.2.18

#44 私を支える仲間たち8〜中村先生に私のことを聞いてみた

【文・ステファン・ダントン】~赤い鞄の仏蘭西人ソムリエが行く~〈第44回〉***私と同様に「日本茶を復権させ普及させる」という目的を持ち、科学者の立場からアプローチし続け、現在では教育者として大学で教鞭をとっている中村先生と出会えたことで、私は自信を持ってフレーバー茶づくりができるようになった。

003

2019.2.15

#77 台湾食堂の二代目、三代目物語

【文/光瀬憲子】~アジアの街・ノスタルジック紀行~〈第77回〉***台湾の飲食店を取材しているといつも感じることがある。小さな屋台や食堂が多い台湾では、そのほとんどが家族経営だ。行列のできる人気店は外部の人を雇う場合もあるが、たいていは身内一人か二人、または親戚だけで店を切り盛りしている。戦前と戦後で政治が大きく変わった台湾では、戦前から続く飲食店はとても少ない。だから戦後すぐに創業して50年以上続く店は「老店」と呼ばれる。日本で言う老舗である。そして、老舗の多くは創業者の息子や娘、孫たちなどが二代目、三代目となってのれんを守っている。

オススメ記事

2018.9.26

『東南アジア全鉄道制覇の旅』シリーズ第二弾、好評発売中!!

DSCN1127

旅行作家・下川裕治氏のタビリスタ連載をまとめた『東南アジア全鉄道制覇の旅』シリーズ第二弾、インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編が双葉文庫より好評発売中です。足かけ3年、列車に乗り続けた日々を綴ったアジアローカル鉄道紀行、果たして全鉄道の制覇はなるか……!?

2018.11.14

#00 はじめに

osika00_ec

【文と写真/編集部】「松島」、「石巻」、そして「牡鹿半島」。「絶景」「美食」「縄文」は、この地域の3つの観光キーワード。丸山ゴンザレス、田中ケン、山本益博、チョン・ウンスク…。TABILISTAの執筆陣が石巻を訪れ、それぞれの視点から寄稿していただいております。

2019.1.23

#33 韓国TVドラマガイド別冊「最新ドラマ相関図ガイド2019」発売!

別冊_最新相関図ガイド2019_

【文/『韓国TVドラマガイド』編集部/高橋尚子】〈第33回〉***彼と彼女は初恋で、だけど姉と妹が入れ替わり、親同士は因縁の関係で……と、複雑怪奇な韓国ドラマの相関図は、見ているだけでとにかく楽しい! というわけで、相関図にスポットを当てたムック『韓国TVドラマガイド別冊保存版最新ドラマ相関図ガイド』。最新2019年度版が完成しました!

2018.5.23

#46 〈番外編〉オランダのニシンと宮古島のビーツ

tabilistaニシン

【文と写真/サラーム海上】「TABILISTA」編集部から早すぎるお中元が届いた。開けると、オランダ王室御用達の「クラウンマッチェス」ニシンだった!ロシア料理「毛皮を着たニシン」を作ろう!クラウンマッチェスと宮古島産ビーツ、北国と南国の食材のマリアージュ!垂涎のレシピをご紹介!!

ページトップアンカー